動植物調査

専門性を要する自然環境調査、環境アセスメントなどの動植物調査において、豊富な経験・知識を備えた当社研究員が最適な手法で調査を行います。

GIS,GPS

GIS(地理情報システム)、GPS(全地球測位網)の活用

野外調査の際、前もってGISを用いて地形や河川、人工物などの地理情報を解析することで調査計画に役立てています。また、調査地情報をGPSで照合することで野外での位置情報や範囲を把握しています。野生生物の痕跡や移動ルートの測位にもGPSの活用が欠かせません。

植物調査

主に高等植物を対象に、植物相や植物種の分布、生育状況、植物群落の構造、分布、立地条件などの調査を目的に応じて行います。

植物調査

両生類・爬虫類調査

主に踏査による目撃や鳴き声、捕獲、トラップによる捕獲、死骸などで生息種の記録します。

両生類・爬虫類調査

鳥類調査

主に目撃や鳴き声によって種類を特定するセンサス法によって調査を行います。また、特殊な鳥類に関しては、巣やねぐら、食痕、ふんといった生活の痕跡を確認する調査も行います。

鳥類調査

哺乳類調査

目撃や痕跡、捕獲による哺乳類相調査のほか、赤外線ビデオや自動撮影装置などを利用した移動経路調査や構造物利用状況調査などを行います。

哺乳類調査

陸上昆虫類調査

一般的な昆虫類相の把握には任意採集法、ベイトトラップ法、ライトトラップ法などを用います。特定種を対象とした生息実態調査や行動圏の把握調査、トラップ法を用いてのサンプル採取調査なども目的に応じて実施しています。

陸上昆虫類調査

水生静物物調査

水質指標生物として重要な水生昆虫の調査や。主に河川・湖沼に生息する淡水魚類を対象とした魚類調査を行います。道路建設や河川改修などが予定されている場所やその周辺域については、保全のための対策を検討します。

水生静物物調査

動植物調査の主な実績

PAGE TOP PAGE TOP